合宿免許経験者である筆者が徹底分析

後悔しない為に知っておこう!それぞれのメリットデメリット

合宿免許

合宿免許での最大のメリットは短期間で効率良く免許を取得できることです。
私たちは合宿に行って、あらかじめ用意された完璧なスケジュール通りに約2週間教習を受けるだけでいいのです。
合宿先は全国各地にあるので旅行気分が味わえます。
さらに、毎日同じメンバーが集まるので友達ができたり、みんなで1発合格して予定通り帰ろうという仲間意識や一体感のようなものが生まれます。
オフシーズンでは免許取得にかかる費用が比較的に安く済むところも魅力の1つです。
最大のデメリットとしては2週間程度のまとまった休みが必要になることが挙げられます。
学生のように長期休暇があればいいのですが、社会人がそれだけ長い期間仕事を休むのは難しいと思います。
また、基本的には一時帰宅ができないのでアルバイトをしながらお金を貯めたり自分の予定を入れることができません。
あらかじめお金を貯めておくことが可能で、時間に余裕がある人にオススメします。


通学免許

自宅から通える、自分のペースで教習を受けられる、それが通学のメリットです。
仕事が休みの日や、予定が空いている時間に教習を入れることができます。
合宿とは違い、まとまった休みを取る必要がないので社会人や家事、育児で忙しい主婦も免許を取得することが可能です。
また、勉強も短期集中ではなくコツコツと少しずつ進めることができるのでしっかりと覚えられて学科試験の合格率も上がります。
通学の最大のデメリットは卒業するまでに大体1ヶ月以上かかってしまうこと。
自分で予約を入れて教習を受けるのでスケジュールの管理が難しく、シーズン期間には予約がなかなか取れないということもあります。
スケジュールの管理が得意、仕事や子育てをしながら免許を取りたい、そんな人に合った方法です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る